Million Web Site > REPORT > Live in あるとべんり 2005/12/18

Live in あるとべんり 2005/12/18

1. Fly Away
2. DEAD END
3. Rising Spirit
4. BROKEN WINGS
5. Light Into The Darkness
6. Future City
7. Cry for the freedom
8. 

sow
 なによりこの日の日本は極寒の世界に様変わりしていました。風はびゅーびゅー吹いていてひどい有様だった!そんな中ライブは決行されました。
 この日は午前中からスタジオでいつものように2時間練習をして、TAKESHIの車で平井にある『LIVE IN あるとべんり』まで向いました!それから昼食をとってリハーサルを三十分おこなったあと、こないだの原宿ロサンゼルスライブからお馴染みとなっているテツ君のモヒカン刈りをTAKAのバリカンでライブハウス内で実行しました!迷惑極まりないバンドですね。けど結構うまくできたと思います。そのあとモヒカンの『髪のある部分』をブリーチして髪色も変えて(それも屋外の駐車場でワイルドに実行!)奇抜度アップ! 今度は逆に、刈り上げた部分だけ染めてみたいもんですわ!やってくれtetsuくんょ。 そして、なにより!!!この日一番キツかったのは『ライブハウスに控え室がなく』て外で着替えることになったこと!!!あれはしんどかった!!!前文でお伝えしたようにこの日はかなり寒かったため、外で着替えるなんてことは拷問に値します!ありゃ若さがなければ無理ですわ。
 それからメンバーの荷物でいっぱいのTAKESHIの車で僕は今日のMCの準備や、髪をセットしたりしてかなりゴタゴタしていた!その上TAKAは暇なんだかしらないけど前座席からゴチャゴチャうるせぇし、あいつはほんとうるさかった(笑)
 そんなこんなでなんとこさライブの準備ができ、ライブにのぞむことができました。今回のライブはオレの親をよんでみました。両親が結婚30周年で手紙を書いてきたのでMCでよみあげました!カミカミでしたけどね!!どんなカンジだったかっていうのは他のメンバーのレポをみてください!たぶん書いてくれてるから。そして演奏のデキはといいますと、おれはグダグダでした。マイクは足にひっかけて落とすし、 歌いだしを間違えるし、テツくんはモヒカンだしで大変でした!こんなに恥を晒しても音楽はやめる気がしない!もう麻薬みたいなもんでね。それぐらいライブは楽しい!
 帰りの打ち上げは焼肉を食べました。ひさしぶりに食い過ぎてオレとTAKESHIは胃がもたれて気持ち悪くなりました。しかしTAKAなんてそうとう食べてたのに顔色一つ変えずに『まだ食べれる』って顔してました。胃の作りが違うのでしょう。すげぇな
 帰りの頃、時計は23時をまわっていて終電がなくなってしまい、ピンチになったとき!TAKESHIくんの車で送っていてもらいました!!!オレをおくったあと12時をとうの昔に回っていたので!家路に着くまで相当大変だったはず!まったくTAKESHIくんには頭があがりません。ありがとう!タケシくん!!
 そんなこんなの疲労困憊な一日でした。


 前回はアクションを付けすぎて失敗したということで、今回はおとなしく弾く作戦に。
 最初のうちは比較的良かったのですが、後半はライブハウスの暑さにまいってしまい、走りまくりでした。この日は今年一番の寒さといわれていましたが、ライブハウス内は今年一番の暑さでしたね。この暑さは小さなライブハウスに大勢入ったための人為的熱気と想われます。
 ちなみにこの日は人が多すぎて出演者ですら、会場に入れない状態で準備がうまく出来ないのが困りましたね。外が寒くなければ良いのですが。
 それと、今回はいつものようにモニターやらをあまり使わなかったため、音をダイレクトに聴きながらやったのですが、それが思いのほかやりやすかったですね。音量バランスも調整しやすかったですし、そういう意味でも良かったと思いますね。
 ライブハウスは自転車で行ける距離なうえに料金も安いので、また機会があればやりたいです。
 もうひとつ良かったのがsowのMC。sowの親が結婚30周年ということで、両親に宛てた手紙をMCで読んでいました。それも至って真面目な文章。親思いの良い子だなぁと感心しました。
 その後、打ち上げ費をsowのご両親に負担してもらい、とても感謝しています。
 この日はとても良いライブでした。


tetsu
 二度目のモヒカン、運命の日がやってきたわけで、ライブハウス中に響き渡るバリカンの音、Millionメンバー並びにリハ中のバンドの方々、笑ってんじゃねぇ!こちとらごみ箱に頭突っ込んでゲロ吐いてるようなミジメなカッコして我慢してんだ。そしてよくもまぁこのクソ寒い中、外で髪の毛ブリーチしていたもんだ。いつものことながら俺のスタイリストSOWくんアリガトウ。
 まぁ肝心のライブの内容に関してはここでは触れないとして(じゃあこのレポートに意味があらへんがな!)よく食った一日だったなぁ。昼メシは駅前のファーストフード系のステーキ屋。そこは食券オーダーだったのでさっそく食券を購入しようと千円札をいれたが何度やっても却ってきてしまう、そしてイラッとした俺は戻って来た千円札を押さえ付けた数秒後、販売機が故障してしまった!しかし謝る気はさらさらないぜ!まずかったし。その後マックには二回いくわ打ち上げはまたしても焼肉。(たまには野菜を喰わないと口が臭くなるぜ!)俺はその前夜、大酒飲みをしたというのにここでも呑んだ。肉もメシもたらふく食った。そして俺は思った。ドイツ人になりてぇ…。


TAKA
 今回は我が愛機、ブラックローズの初陣。一番気を付けたことは傷付けないこと(笑)演奏面では今までに無いほど練習したな。おかげでミスは少なかったと思う。演奏中はある人の影響で、出来るだけ楽しそうに笑顔を試みて見ました!
 そして驚いたのはリハの適当さ(笑)今まではちゃんと音を一つずつ取ってたのに、今回はいきなり全体で下さいと…。詳しいことはよくわかんないけど、これでいいのかな?あと控室がなかったのも痛かったな。もっと驚いたのは、民家を改造して作ったということ!
 トイレにはテレビがはめこまれてたし(笑)いやぁ、世の中には変わったライブハウスもあるもんだね。まだまだ捨てたもんじゃない。そして、民家だけあって、ステージがやたら狭い。しかもビデオに映らないとかで、零君がこちらに押し寄せて来た。もはや僕はsowとtetsu君の後ろで縮こまってるしかなかった(笑)でもステージに幕があったのはよかったな!


TAKESHI
平井あるとべんり…
知らない人が聞いたら、『え?何それ?ギャグ?ていうか平井って何処?』 …と質問のオンパレードになりそうな名前ですが、れっきとした佐々木さんのご自宅…もといライブハウスです。


俺は行ったことあったので驚きは少なかったですが、メンバーみんなは『こんにちわ!!佐々木さん、遊ぼ〜!!』と言いたくなるくらい普通の民家を刳り貫いて無理矢理ライブできるようにしました、的な場所でした。

しかし、中は広くないまでもかなりちゃんとしたライブハウス。

ライブできるバーやカフェな感じでなく、ちゃんとしてます。


出演バンドもさまざま。
個人的によかったのが、最初のジャンヌダルクコピーバンド。女の子が皆可愛く、演奏もしっかりしている。ボーカルも一目でビジュアル系とわかる見た目。
かっこよく、女性ファンも沢山。
あれでジェームスブラウンみたいな顔しててゲロッパ!!とか言ってたら絶対に客はこないと思う。


そして間は見てなかったのでとばして、東京WOタパラダイスオーケストラの出番。通商オタパラ。
ちなみにスカパラのコピーでは無く、オーケストラ編成でもありません。
何ていうか、萌え系。
以上。



まあもろもろあり、いよいよわがミリオンの出番です。
一曲はFLY AWAY。
演奏的にはなかなかまとまってきたと思います。
まだまだ突き詰めなきゃいけない部分はたくさんだけど。

ソウがバラエティ番組ばりのサプライズを見せてくれて、会場は感動の嵐に巻き込まれました。


今回は楽屋が無かったので、俺の車を拠点にして、着替えやメイクやブリーチやらをやったのですが、完全に怪しい集団でした。
特にいかつい衣裳とメイクのタカ、当日にモヒカンにした上、500mlのペットボトルの水しかない場所でブリーチを強行するテツ君。テツ君は寒くて死にそうになっていました。
しかしその気合いはさすが鋼鉄魂。メタルってそうじゃないと。

俺もこれからは衣裳にメイクに演奏にハジケようと思いました。


打ち上げは焼肉。たらふく食べて文句無し!ただしテツ君に借金しました。忘れないようこの場を借りて明記します。来週にはまとまったギャラが入るのでお待ちください。



しかし今回のライブでミリオンは一つの転機を迎えたと勝手に思ってます。
まず、音源。ちゃんとした音源を制作し、楽曲を来てくれたかたに親しんでもらい自ら聞きたいと思ってくれるようになること。
二つ目はライブと言う手法で一般の客層に訴えかけるやり方をさがさなければいけないこと。


今の状態ではライブをして楽しいのはこっちだけで、お客さん側にそれだけの価値があると胸をはって言うにはなかなか…


もちろん来てくれる友人達は大歓迎でかなり嬉しいのですが、わざわざ来てくれた方達に同じようなライブを見せ続けるのは逆に申し訳ない。


こないだ仕事の時に誰かが言っていた言葉だけど、演奏して楽しいのは当たり前だけど、見てくれた人も巻き込んで楽しんだり何かを伝えられないと音楽じゃない、と。


そういうわけで新年開けたらまずはミーティングだね。