Million Web Site > BIOGRAPHY > 〜sowとの出会い〜

〜sowとの出会い〜

sowとの出会いボーカルを某メンボサイトにて探した。待っていても中々応募が無いので、加入希望の人にメールをすることにした。ふと、目につく書き込みを見つけた。「昔のXのようなバンドをやりたい」と。

これはXコピーをやっているMillionにピッタリだと思いメールした。しかし、返事が来なかった。送れてなかったのかと思い、再度送ると今度は返事がきた。

そして一度スタジオで合わせることにしたが、その前に話がしたいというので、スタジオ前に一度会うことにした。その時は私が待ち合わせ時間に遅刻し、最初から悪い手本を見せてしまった。
第一印象はいかつい。ピアスが凄かった。この人はうちのバンドには合わないだろうと思った。その日はMillionの写真を見せた。ジャンル違いと思いきや、反応が良かった。

その時に「俺の歌テストしますか?」と言われたが、その日は疲れていたのと、あまり期待はしていなかったのでスタジオ時に聴かせてもらうことにした。
そしてスタジオで合わせてみた。困った点がいくつかあった。歌詞(特に英語)が目茶苦茶で歌い方が粗過ぎる。あと、かなり走る。ただ勢いだけはあったがボーカル加入は断る方向にあった。丁度その時に別のボーカルからメールが来ていて合わせることにした。

そこでsowに断ろうとメールすると「雰囲気が良かったので一緒にやりたい。気になるところは直す」と返信があったので、これを信じ、再度合わせることにした。
その日のスタジオでは、別のボーカルが来ていた。その人は今までMillionに来たボーカルの中では一番上手かった。その後にsowが来た。合わせてみると前より成長していたが、さっきのボーカルの方が上手かった。メンバー内の評価も五分。かなり悩んだ。
スタジオ練習も終了するとsowは私達に、修学旅行のお土産をくれた。こんな対応はMillion史上初めてで嬉しかった。実はかなり良い奴だったことを思いしらされた。

これをきっかけにsowの加入が決定した。実力も大切だが、趣味であるなら、それよりも人柄が大切である。楽しく実力アップをはかってもらいたいですな。
(2005年1月 零)